C++ で Read-Write lock パターン

同じデーターに対して複数のスレッドが入り乱れて読み書きを行う場合、排他のオーバーヘッドが無視できずに問題になることがあります.

そこで Read アクセスのみの場合は排他を行わなわず、Read-Write がかち合った場合にのみ排他を行うことでオーバーヘッドの低減を図ろうというのがこのパターンです.

Read-Write lock パターンは shared mutex という形で標準ライブラリで提供されています (shared mutex の詳細については以下のリンクを参照下さい)

cppreference

C++ でマルチスレッドデザインパターン

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中